CSR

環境保護

サプライヤーに対する環境保護基準

大連ハートは衣服の生産による環境への影響を常に意識しております。環境破壊のリスクを避けるため、『サプライヤーの市場への参入基準』と『サプ

“環境対策”を『工場検定評価』の重要な評価基準として取り入れました。『環境保護法』を基に環境監視機構や地元の環境評価報告書の結果を参考にするだけでなく、総合業務部の担当者が実際に現場を視察した上で工場への総合評価を行います。結果により優先的に汚染処理ネットワークに加入する、環境への取組の許可を受けた工場を新しいサプライヤーとして選抜します。また、年末にサプライヤーの総合評定を行い、タイムリーにサプライヤーレベルを調整し、不適合なサプライヤーを淘汰します。

弊社は汚染減少、省エネ、リサイクル材料を使ったハンガーと段ボールを使用することを奨励するなど、下流のサプライヤーの改善に積極的に協力しております。また、容易に汚染を引き起こすプロセスに対して無償指導と評価を実施し、サプライヤーと共に環境管理の質の向上に努めております。生産の結果発生する汚染への配慮から生産過程で環境に影響を与えないように環境への規範を徹底化するように努めております。ライヤー評価方法』などのサプライヤー評価システムの改善に努めております。